小さい子供の精一杯の言葉が胸に残る

初恋というものは、淡い思い出だと思う。
私の初恋は、4歳の頃だ。
相手は1つ年下の幼なじみ。
私と兄、そして幼なじみの3兄弟で時間があれば町内を走り回って遊んでいた。

初めは、幼なじみの1番上のお兄ちゃんがとても大人に見えて、憧れていた。
なんでもできるお兄ちゃん達とは違い、すぐ泣く1つ下の幼なじみ。
末っ子同士分かり合える部分が少なからずあったのだろう。
そんな彼を意識しだしたのは、保育園で発表会の練習をしていた時だ。

私は振り向きざまに友達とぶつかってしまい、身長が高かった私の鼻の上あたりに友達の頭がぶつかった。
大泣きし、腫れ上がった鼻の上に冷却用湿布がはられた。
目を真っ赤にし、鼻の上に湿布をはった私を当然見つけて声をかけてくる幼なじみ。

「痛くない?大丈夫?」と慰めてくれた。
それから彼は、「将来は〇〇と結婚する。俺が守る」とやたらと言っていた記憶がある。
今考えても中々あのセリフを言える人は少ないだろうと思う。

私のマイブームはスーパー銭湯に行くことです。
体調不良が続き、友人から湯船に浸かって基礎体温を上げると免疫力が上がると聞き、近所のスーパー銭湯を利用した事がきっかけでハマりました。
平日フルタイムで働いているので、週末の朝イチに行っています。
「朝イチ」というのがポイントです。

開店すぐは人もまばらでかなりゆっくりできます。
タイミングが良ければ露天風呂貸切、サウナ貸切状態になることもあります。
スーパー銭湯に通うようになってから、代謝が良くなり、冷え性やむくみが改善されました。

元々汗をかきにくい体質で、デスクワークでむくみが取れず、冬は手足が氷のように冷たくなるなど、
色々と辛い思いをしていたのですが、お風呂やサウナで汗をかく習慣をつけてからは少しずつ良くなっていきました。
また、家の小さいバスタブでは窮屈ですが、スーパー銭湯の広いお風呂であれば足も伸ばせてのびのびできるのでリフレッシュとストレス発散にもなります。

よりキレイを目指す“あなた”にお勧めしたいオールインワンゲル♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です